げんちゃんの発達障害プロジェクト

知的障害、カミングアウト。

  色々な気づきもあり、良い本に出会い、収穫の多いここ1週間でした。書くことありすぎて今日はどれをしたためようか・・・と迷います。発達育児は、壮大な実験で、あらゆる考察に行き着くときは、ママもかなり進歩しているようです。

 今日は、ベクトルをちょっと家族に向けて、お姑さんとのやり取りをしたためます。
 先日身内の法事で姑は田舎に帰りました。

 げんちゃんもその日は休みだったのですが、前回のお葬式で、元気に動き回って落ち着かないので、今回、げんちゃんは姑のおともができませんでした。

「みんなに迷惑かけるからおいていく。」
と言ってでかけました。げんちゃんは、おじいちゃんと、お姉ちゃんに見てもらってお留守番でした。
ママは、前回いっしょに行ったので、げんちゃんの様子はよく理解できました。でも、まあ、子供ならこんなもん、という風にまぎれてしまうかな、と思ったので、儀母に、げんちゃんも連れてって、と頼んでみました。げんちゃんにとって、遠い親戚に会うのも良い勉強になるし、親睦も大事、と思ったからです。
 でも、儀母の判断でお留守番となりました。

 ま、確かに回りに迷惑かけるのはいけないし、それは、別段なんとも思わなかったのですが、儀母が家に帰って来て、話してくれた話を聞いて、儀母のメンタリティーを察することとなりました。

 親戚の多い儀母は、法事でたくさんの子供たちに会ったようです。先日、私もいっしょに遊んだ、すこぶる賢い幼児もいました。やっぱり、その子はとても気が利いていた、と言っていました。しかし、その子のいとこにあたる2~3歳の別の幼児が、ちょっと発育に疑問視するところが出てきて、療育に相談に行った、と聞いたそうです。まあ、儀母は兄弟も多いし、姪っ子、甥っ子も多いので、たくさんいる子供の中にはそんな子がいても不思議ではありません。

 私は、それを聞いて、儀母がげんちゃんの話を持ち出しただろうと思いました。
「で、おかあさん、げんちゃんの話したの?」
と何気に聞くと、なんと返事はノー。
げんままびっくりしてしまいました。姪っ子の子供なので、そんなに遠い関係でもありません。でも、なぜか、儀母はげんちゃんのことは言わず、適当に話をあわせただけだったようです。

 げんママは、気づきました。
そうかあ。お母さんは、げんちゃんのこと、受け入れているけど、対外的にまったく気にならないわけではないんだな~。と知りました。もしかしたら、げんちゃんを連れて行かなかったのも、げんちゃんが見劣りするのが、恥ずかしかったのかもしれませんね。確かに、学級崩壊状態のピアノレッスンには、絶対いっしょに入りません。ピアノの間、家にもどったり、散歩したり・・・恥ずかしいし、見てていらいらするから、出とくわ。と言ってたのがうなづけます。
 とても優しく、げんちゃんに愛情をそそいでくれる姑ですが、昔かたぎの、体裁を重んじる気質が強いのかもしれません。けっこう、明るくしているけど、まだまだ気に病むことも多いのかな、と思いました。げんママは、

「おかあさん、げんちゃんのこと言えば良かったのに。色々教えてあげたらいいよ。だって、げんちゃん良くなってるし、改善策は、とにかく早い年齢からの方がいいんだから。今からでも電話してあげたら~・・あたしのとこに電話してもらってもいいよ~。」

 おかあさんどうするかな?でも、その姪っ子ちゃんの子が、本当に発達に問題あるんなら、電話してあげたいよね~。悩んでいるだろうにね。
「大丈夫だからね~。治っちゃうから・・私にまかせて・・・」(なんて、平気で言っちゃうよ。笑)

 お姑さんが、どんどんカミングアウトできるように、げんちゃんの進歩がどんどん進んでいくといいです。でも、案外姑はけっこう見栄っ張りなのかもね~。ははは。
ま、姑に言わせると、私の方が、かなりかわっているのだそうですが。(笑)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
by glow-gen | 2011-11-14 00:33 | 障害児の親 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://glowgen.exblog.jp/tb/13999869
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by りゅうママ at 2011-11-14 23:35 x
同居している主人の両親がまさに同じです。田舎なので体面を気にするのです。でも土地によっては案外正解かもしれません。田舎は人情ありそうに見えてその実、普通と違う存在に対して凄く冷淡です。上の子供に影響したらどうしようと心配になります。田舎ってそういう閉鎖的な場所なんです。
だから周囲に認めさせるには独歩を改善させるしかないわけです。
大切なのは周りの目に流されず自分が何を為すべきなのか常に考えて行動する事。そう思ってます。私は私に与えられた環境と能力で子供に何がしてあげられるんだろうと最近考えています。
Commented by げんママ at 2011-11-15 09:21 x
 そうですか。やっぱり、おじいちゃんおばあちゃんは、エジソンのセミナー出てないし、そこまで革新的な感覚は無理ですよね。
 上の子供さんに影響したりするんだろうか。
あ、そういえば、うちのおねえちゃんも、
「げんちゃんと小学校重ならなくてよかった~。」と言ってましたよね。
 「ばかたれ!」
と笑いました。
将来すごい子になるんだから、どうどうとしとけ!と思いません?

絶対すごい子にしようね~。
Commented by kerorin at 2011-11-16 11:49 x
そうですねー。
実は私はゲロタの発達障害の事は、実母にさえ言ってないのです。
私には、兄(兄の長男も若干グレー)、姉、父にだけ打ち明けてあるの。
実母は頭が固くて、絶対認めないって分かってたから。
実際、私が一生懸命、本を読んだり、調べたりしてる時も
全く理解してくれなかったし。
げんちゃんのばあばは、受け入れきれてないけど、それなりに
認めてくれてるように感じるよ。

理解してくれない、頭ごなしに否定してくるヒトに何を言ってもだめなのよね。全部、私の育て方のせいにもしてくるし。

>>将来すごい子になるんだから、どうどうとしとけ!と思いません?
って私にもすごく響きました!やっぱり、諦めないでやれる事やらなきゃって思いましたよ〜!頑張りましょうーーーー!
Commented by げんママ at 2011-11-17 00:28 x
>実母は頭が固くて、絶対認めないって分かってたから
kerorinママ。身内でも、同じ認識はやっぱり無理ですよね。でも、ささえてくれると助かります。うちの実家の母は、私がかわいそうだと思っているみたい。私は、げんちゃんの障害がわかってからこっち、我が実験の研究を、けっこう楽しんでいるのですが、実母にはただのやせがまんとうつっているみたいです。
 実際に障害を持った子供を持つと、家族が破綻することも多いです。げんママは、そういう家族に、大丈夫だよ。改善するんだよ、って教えてあげたいですね。
 そのためにも、がんばりましょうね~。

Commented by 井上 at 2011-11-18 02:56 x
胸打たれるものあり・・・。
合掌
Commented by glow-gen at 2011-11-20 02:04
井上さんの合掌が出ました!ありがとうございます。

カミングアウトは、げんママは、まったく平気なんですが、本当に悩んでいらっしゃる方が多いようです。
 家族のことや、いろんなことがからんでいます。みんな条件がちがいますもんね。
 でも、われらの子供たちは天才予備軍です。心はいつもどうどうとしてましょうね。
 
<< 10玉そろばんで、数のマイスター 行け行けゴーゴー。体育会系ママ >>



小学校6年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク
こども整体 頭蓋仙骨療法
げんちゃんママの紹介
小学校6年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、70・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと浪人生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやってます。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、今にいたってます。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 昨年5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。発達の改善に取り組みはじめて6年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
障害児の親
おもちゃ
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思秋期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
未分類
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧