げんちゃんの発達障害プロジェクト

運動~他の回路からの刺激~

 げんちゃんプロジェクトをはじめて、ママは色んなことを学びました。げんちゃんの脳の状態を普通の子のように、きびきび働くようにしたい。げんちゃんの感性は伸ばしてあげたい。まあ、目標は簡単に言えばこんなところです。

 支援クラスや、特別学級の先生方とまったく違っているのは、ママは、げんちゃんが何の遜色もない、優れた子になる、と信じていることです。それに対して、普通は無理でも、できるだけ、社会適応させたい、というのが、支援級の先生方の目標です。ママの目標ははるかに高いところにあります。だから、そのための探求なら、ママは労を惜しまないのです。

 色んな、脳のプロフェッショナルの書物を読みながら、かつ、げんちゃんの発育を見ながら、ママには一つの確信が生まれています。
それは、げんちゃんの脳をうまく発達させるためには、運動プログラムがかかせないということです。

 今日仕事場に来院した3年生のF君。彼を見て、ますます思いを強くしました。彼は小学校3年生なのに、すばらしく体の軸がしっかりしていました。すらっとして、体の安定感があります。普通この安定感は、小学生では上学年になってついてくるものですが、F君は3年生にして、すでにすばらしいバランスです。
 ママは、すぐにお母さんに話しかけ、F君の体つきのすばらしさについて質問しました。
F君のお母さんはうれしそうに、
「Fは幼稚園の時かから、空手をしています。今は、週に5日行ってるんですよ。足なんか、まっすぐ上にあがります。」

 げんママはうなずきました。やっぱり・・・。
 F君は、体つきだけではなく、目線もしっかりしていて、かつ目力があります。運動で鍛えられた子どもさんの身体のすばらしさは、そのまま、脳にも影響が及んでいると、げんママは直感しました。

 そして、日曜日のことを思い出しました。日曜は、いつもの1キロ強のジョギングをしました。げんちゃんが、たまたま近所の1年生と遊んでいたので、その子もいっしょに走らせてみました。げんちゃんだけを見ていたら、そこそこいいフォームになってきていると思っていたのですが、彼と比べると、明らかに身体能力の差がわかりました。走る時の、げんちゃんの体の軸は、まだまだぶれぶれです。
 1年生のK君は明らかに、走りがげんちゃんよりしっかりしてるし、スタミナも続きます。
 1年の違いは大きいですが、それを差し引いても、げんちゃんは劣っていました。

 げんちゃんの学習能力の遅れは、まさに運動能力の遅れでもあるんだ、と思いました。

 赤ちゃんの色んな行動を思い出してみれば、脳が単に机の上の学習だけで発達するものではないとわかります。彼らは、いつも学習を体で体得していました。成長する上で、彼らは様々な、不要とも思える非効率な動きをします。それも、お母さんがくたびれるほど、休む暇がありません。その中で頭を調節していたに違いありません。そして、小学校の上学年に近づくと、動きは非効率なものから、確実な動きへと成長していきます。学習とは、体ができていくことと表裏一体なのだ、とげんママは確信します。
 
 そして、F君に見ることができるのは、スキルを学ぶ運動に加えて、運動部でやるような、心臓や筋肉にちょっと負荷をかけるような運動が必要だということです。きつくても、走る、とか、泳ぐ、とか、心拍数をあげて、筋肉細胞を少し破壊して、新しい筋肉を作るような運動が必要なのだ、ということです。もちろん、常識的な限度を超えてではありませんが・・

 きっと頭の機能は、体から刺激を受けて、調節されるのではないか。いやきっとそうだ。と思いました。

 げんちゃんは、随分、体の機能も発達しました。なんと、「夏も近づく八十八夜・・・」あの歌いながらの手遊びができるようになっています。これは、すごいこと。右手を出して、同時に左足を出す。こんなこともできます。(確実性はもう一つですが。)半年前はまったくお手上げでした。なんたって、歌に手拍子をつけることさえできなかったのですから・・・

 たとえば、苦手な計算、パズル、お絵かき。これらの能力は、体の調整なしに発達しないような気がします。運動することで、脳のさまざまな機能が調節されるのではないか、と思います。げんちゃんのプログラムに、もっともっと、運動を取り入れていくべきだ、と思いました。

 ママが仕事をしていなかったら、園から帰ったら、サッカークラブに入れたいな~(こういう子をちゃんと指導してくれる先生がいるかどうかちょっと疑問だけど)・・・ま、実際には無理だから、どうやってすぐれた運動プログラムをこなさせていくか。今、ママのテーマです。運動は、計算やパズルより、げんちゃんには好ましいトレーニングでもあるようです。彼が楽しんでやれる体のプログラムをどんどん取り入れるようにするのはどうすればよいか、ママは考えています。先日からひっかかっていた、「忍耐して、ひたすら、苦手なことをやらせるのではない、他の回路からの刺激」とは、まさにこれなのではないか、と思うにいたりました。
 
 


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
by glow-gen | 2011-11-07 19:30 | 体遊び | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://glowgen.exblog.jp/tb/13961829
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 井上 at 2011-11-08 04:53 x
さ・す・が・です!!!
素晴らしいげんママに、プレゼントです!
下記サイトにアクセスしてくださーーーーい!

絶対に後悔はさせませんぞ!

http://homeraresalon.com/
Commented by kerorin at 2011-11-08 10:03 x
まさに、筋肉や骨を鍛えるには、(ダメージのない)破壊と再生が一番なのですよね!
脳も身体の一部なのだから、ある意味の破壊と再生が必要なのかしら?
と思いました。
とにかく、運動と脳の発達は密接な関係がありますよねー。
運動バカってあんまりいない気がします。
ゲロタの学校でも、スポーツと頭の良さは比例している子が多いのです。そのうえ、性格もいい子が多いので、羨望の眼差しを通り越してよだれものです。(危険なおばさんだわ)

そして、身体の軸っていうのはものすごく大事ですよねー。
その軸を気をつけさせる、効果的な指導はなんなのか、研究しないといけないな〜と改めて思いました!
Commented at 2011-11-08 13:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by げんママ at 2011-11-08 22:20 x
i井上さんありがとうございます。
ほめられサロンですか?
おもしろそうです。見たのですが、画面が動かなくて・・・また他のパソコンで見てみますね。何でだろう?
Commented by glow-gen at 2011-11-08 22:29
kerorinママ。
>スポーツと頭の良さは比例している子が多いのです。そのうえ、性格もいい子が多いので、羨望の眼差しを通り越してよだれものです。

 笑っちゃいました。でも、確かにそうですよね。小学校の時の初恋の子なんて、そういう子でしたよね。

 やはり、kerorinママの文章で、運動がいいって、あらためて思いました。とりあえずの、ジョギングですが、なんぼか役立ってるかんじがしてます。

 ゲロ太君も野球やられてましたよね。どうですか?体の軸どうですか?
そう思って子供を見ると、すごい子、あまりしっかりしてない子、けっこうさまざまですよね。

<< げんちゃんの参観日 ~自分で見... エジソンアインシュタインメソッ... >>



小学校6年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク
こども整体 頭蓋仙骨療法
げんちゃんママの紹介
小学校6年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、70・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと浪人生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやってます。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、今にいたってます。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 昨年5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。発達の改善に取り組みはじめて6年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
障害児の親
おもちゃ
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思秋期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
未分類
以前の記事
最新のコメント
itoさん 確かにそう..
by glow-gen at 14:58
りんさん 頭蓋仙骨療法..
by glow-gen at 14:35
Aさん げんちゃんの勉..
by glow-gen at 14:35
げんちゃんママ様 先日..
by ito at 21:33
お伺いしたいのですが、 ..
by りん at 18:32
ふーみんさん げんちゃ..
by glow-gen at 09:53
http://glowg..
by ふーみん at 22:56
ゆうママさん きっと似..
by glow-gen at 14:51
とんままさん そのうち..
by glow-gen at 11:54
ロボママさん いつもな..
by glow-gen at 11:44
げんちゃん100点、嬉し..
by ゆうママ at 15:49
すごい、すごい、げんちゃ..
by とんまま at 14:39
Aさん その2  算数..
by glow-gen at 11:06
国語のテスト100点おめ..
by robo223 at 10:37
Aさん げんちゃん、テ..
by glow-gen at 10:04
itoさん サプリメン..
by glow-gen at 23:21
とんままさん ありがと..
by glow-gen at 17:12
itoさん すごいペー..
by glow-gen at 17:08
ロボママさん すっかり..
by glow-gen at 17:02
げんちゃんママ様 何度..
by ito at 17:31
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧