げんちゃんの発達障害プロジェクト

運動会でおきた”唖然”

  げんちゃんの運動会が終わりました。色んな意味でげんちゃんを新たに認識しました。すごく、がっかりする場面、うれしかった場面、ともにありました。
 
まず、うれしかった場面

げんちゃんは、パレードに参加しました。パレードは行進しながら、色んな形を作って、その構成要因として、その場で演技する、というけっこう高度なもの。事前に先生より、
「げんちゃんのサポートに入りやすいように、一番後ろにげんちゃんを並ばせますね。」と言われてました。サポートの先生が横につくのかな?と思いましたが、誰もいません。げんちゃんは、前の子を見ながら、隊についていきます。円になってから、組体操。げんちゃんだけ見ていると、あらら・・・ということもありましたが、この程度なら、ま、こういう子いるよね、どんくさい・・程度です。たまに、全員座っているのに、突然先に立っちゃう、なんて目立つ場面もありましたが。
 
 それから、もうひとつ、げんちゃんの徒競走。げんちゃんは、結局ビリでしたが、げんちゃんは、ちゃんと集団に入って走っています。ひとつ前の子に最後抜かされたけど、前半は、一人前を走っていました。走りも、他の子と同じ、手を曲げて、しっかりふっています。
 今年の初め、げんちゃんは、ふらふらして、手はまっすぐ伸ばしたまんま。見るからに、遅れてるのがわかる走りのフォームでした。

 さて、がっかりする場面。これは、もうすごいことがおきちゃいました!

 クラス全員参加のリレーの時です。
 げんちゃんが、前の子からバトンをもらったとき、げんちゃんチームはビリでした。他のチームのランナーは、小さなトラックの向こうがわまで走ってしまってます。なんと、げんちゃんは、バトンをもらって走り出すと、いきなり、トラックをまっすぐ突き抜けてしまったのです。トラックにそって走るものだと、誰もが思っているのに、いきなり、向こうのゴールまで、中をつっきってしまいました。誰もが想像していないことで、観客と先生方、あぜんとして息を呑みます。私も、何が起こったのか、ぽかんとしていまいました。
 しかし、げんちゃんは、次の子に1着でバトンを渡しました。反則もいいところ。先生たちも、どうしていいかわからず、とうとうそのままリレーは続きました。
 結局、紆余曲折を経て、げんちゃんチームはビリ。おかげで、げんちゃんの反則は不問ですみましたが、ママは、あまりのあほさに、恥ずかしいやら、頭にくるやら・・・。

 競技が終わって、げんちゃんは、近くのお友達に抗議されているのがわかりました。手でバツ、とやられています。げんちゃんは、それに対し、丸を腕で作って反論している風です。やれやれ、これじゃ、お友達に嫌われるよね。

 そのあと、ひかえ席に行きました。げんちゃんに何と言おうか考えました。
「げんちゃん、どうして、まっすぐ走っちゃったの?」
げんちゃんは、悪びれず、
「まっすぐ走ったら早いんだよ。」
自慢げでさえあります。
「げんちゃんは、まっすぐ走ったら早くつくから、そうしたの?」
「うん、そうだよ。」
ママは、げんちゃんがわけわからずに、コースアウトしたのではなく、彼なりに考えてやったのだとわかりました。

「そうか、それは、すばらしアイデアだね。」
実は、叱り飛ばそうと思っていたのですが、げんちゃんが、戦略と思ってやったのなら怒れません。とりあえず、ほめます。

「でもね、げんちゃん。ものにはルールってもんがあって、コースをはずれちゃうと、反則。失格なんだよ。良い考えだったけど、げんちゃんの負けってことなのよ。ルールを守ることが、勝つためには大切なの。」

 げんちゃんは、そうか~・・と納得したようでした。

 でも、幼稚園始まって以来じゃないかな、コースアウトという裏技で前の子を追い抜いちゃったのは。ママもだんだんおかしくなって、家族中で大笑いしました。
「この子、やっぱり普通じゃないわ・・・変だよね。おもしろい。」

 そのうち、げんちゃんがすごい人になった時は、幼少の頃の天才エピソードとして語られることでしょう。

 そういうことにしておきましょう。

by glow-gen | 2011-10-10 11:07 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://glowgen.exblog.jp/tb/13781141
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 虎パパ at 2011-10-10 12:29 x
げんママさんの恥ずかしさを考えると不適切かもしれませんが…EEのセミナーに向かう電車の中で読みながら笑ってしまって完全に変な人でした(笑)
素晴らしいじゃないですか、こういうの凄く好きなんです。
普通の感覚じゃ出来ない事をやってくれればいいと思います。
それにげんママさんの叱らず理由を聞いたのは本当に素晴らしい事だと思います。
げんちゃんが考えが全て間違いではないので
考えた事自体素晴らしいですし。
選択していく上でのヒントをこちらが与えてやればいいんだと思います。
Commented by 井上 at 2011-10-10 12:31 x
そうそう、すごい人は、子供のころこんなだった!
ということで!
拍手!
ところで昨日のセミナーで、げんママの昨日の原稿をプリントアウトして鈴木先生のコメントつきの原稿を入れて配布させて頂きました。
はじめて虎パパにも会えました。
エジソンママとエジソンパパの物語というようなテーマで次回の出版を企画しよう、と鈴木先生と盛り上がりました!
いつもありがとうございます!
Commented by りゅうママ at 2011-10-10 21:55 x
子供って時々凄いこと考えますよね。実行して回りから注意されて改善する。そんな繰り返しです。げんママ様のブログを拝見していてそう思いました。でも周りの子供からダメ出しされても自分を肯定するげんちゃんを凄いと思いました。彼なりの戦略があり、自信があった。実際一番で味方にバトンを託すという結果を出せた。これが戦乱の世の中ならげんちゃん織田信長ばりの凄い武将になっていたのでは?ウキウキしちゃいました。
Commented by げんママ」 at 2011-10-11 19:09 x
>素晴らしいじゃないですか、こういうの凄く好きなんです。
虎パパありがとうございます。見に行ったおばあちゃんと二人、泣き笑いでした。とほほ~って感じです。

げんちゃんは、きっと練習の時はこういうことは考えなかったのかな?再犯なのか、今度先生に聞いてみようと思います。いきなり、火事場のバカ力的に発想したのか、探りたいと思っています。再犯ならたち悪いです。教育的効果がないということですから~。
 旦那の家はどちらかというとコンサバ家族。お姑さんは、けっこう傷ついたみたいです。かわいそうに。
「笑うしかない!」と言い聞かせてましたけど。
Commented by げんママ at 2011-10-11 19:13 x
井上さんと虎パパのご対面だったんですね。わくわくです。
鈴木先生のコメント見たいな~。先生ももっと先に行ってらっしゃると思いますが、けっこう似た境地にいたられてるのかな?と思いました。ま、発達1年の新米が同じような境地というのも変ですけど。

 境地だけでなく、結果を出したい!と日々思うママです。チャレンジですよね。まさに。
Commented by げんママ at 2011-10-11 19:16 x
りゅうママ
>これが戦乱の世の中ならげんちゃん織田信長ばりの凄い武将になっていたのでは?ウキウキしちゃいました。

 こういう風に当事者はなかなか思えない物ですが、そう思うようにしました。

 でも、おじゃる丸のげんちゃんは、何も悪びれておりません。それも大切かもと思います。
 ママだったら、恥ずかしくて、次の日しょんぼりしてると思うんですが。
 わかってない、というだけかもしれませんが、打たれ強い、気にしない。これも、生きていく上で大切なことです。
 あんた、大物だね。ということにしときます。ありがとう。
<< 3週間入力プログラム 脳を感じるこのごろ >>



小学校6年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク
こども整体 頭蓋仙骨療法
げんちゃんママの紹介
小学校6年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、70・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと浪人生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやってます。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、今にいたってます。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 昨年5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。発達の改善に取り組みはじめて6年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
障害児の親
おもちゃ
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思秋期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
未分類
以前の記事
最新のコメント
ひでママさん 詳細に教..
by glow-gen at 19:20
ロボママさん 確かに、..
by glow-gen at 19:15
ロボママさん >「なぜ..
by glow-gen at 19:10
花と蜂蜜さん コメント..
by glow-gen at 17:56
みかんママさん なるほ..
by glow-gen at 17:52
げんママさん お忙しい..
by ひでママ at 09:44
続きです。 一方で..
by robo223 at 09:08
げんちゃんもげんちゃんマ..
by robo223 at 08:56
こんにちは! コメント..
by 花と蜂蜜 at 08:38
自分の意思でタイヤを取り..
by みかんママ at 06:32
ひでママさん コメント..
by glow-gen at 23:09
itoさん ありがとう..
by glow-gen at 23:09
ロボママさん たくさん..
by glow-gen at 23:07
げんママさん、こんにちは..
by ひでママ at 14:17
げんちゃんママ様 いつも..
by ito at 00:56
WISC3だったんですね..
by robo223 at 00:15
ゆうママさん いつも、..
by glow-gen at 23:12
ロボママさん いつもあ..
by glow-gen at 22:38
そしてもうひとつ。 わ..
by ゆうママ at 18:10
うちの子も100ないです..
by ゆうママ at 17:50
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧